たぬきパラダイス

  カツ丼マニアの役者、竹嶋宗也の出演情報&グルメ・旅レポートです。                     カツ丼と大衆グルメをこよなく愛するたぬきパラダイスへようこそ!                        

タグ:居酒屋


仕事が15時に終わり京浜東北線で北区王子へ
大好きな酒場「山田屋」さんは嬉しい16時からの営業
DSC06271

足早に到着すると既に数名の先客が楽しんでおられます
DSC06291

先ずはお酒
DSC06292

「小生ビール」380円を注文
不愛想そうな親父さんが泡を切りながら丁寧にいれてくれるんです、美味し♪

140円〜揃う料理の数々
DSC06290

「ねぎぬた」250円
DSC06277
マグロ入りの酢味噌掛けは気に入りの一品で暑い日に最高なオツマミ

酎ハイをお願いするとこんなセットが登場します
「酎いいちこ」90ml240円 「炭酸」140円
DSC06281
カットレモンは50円だったかな

好みの濃さに
DSC06293

お酒を調節出来るのが嬉しいんです
DSC06294

「アジフライ」250円
DSC06279

荒めのパン粉でサックリ仕上げ
DSC06284

フンワリ肉厚の鯵、1枚目は醬油・2枚目はソースで楽しむのがたぬき流☆

親父さんは注文取りにお酒の準備にと大忙し
DSC06303
一見愛想が無い様に見えますが誰にも平等に接してくれる親父さん
たまに見せる優しいお顔が好き

炭酸お代わり140円は冷蔵庫から自分で取り出して
ボーリング場によく置いてあった栓抜きを使用
DSC06285
今の子供達、
栓抜けるかなあv( ̄∇ ̄)v?

「クリームチーズやっこ」250円
DSC06286
クリームチーズにお醤油を少し垂らすと最強のツマミになっちゃうから不思議〜

あっという間に店内大盛況
DSC06305
皆さん楽しそう

日替わりメニューから
「まぐろ漬け竜田揚げ」250円位
DSC06289
生姜醬油の風味が最高〜
内緒だけどクジラより美味しいかも( ^ω^)

私、飲んべに見えますが
DSC06295
焼酎二杯で炭酸四本なんです〜と神様に言い訳・・・

美味しくてお得な酒場では
自然と相席の常連さんとも楽しく会話が弾むものですね
DSC06298

たぬきの東京三大酒場の一つ「山田屋」さん
DSC06306

もう文化遺産として登録して頂きたい程好きなお店です

この日も大満足、山田屋さん・常連の皆様、有り難うございました〜







訪れてみたかった酒場の一つ
日本橋人形町
笹新
 DSC03173

常に満席状態の東京を代表する一軒と云われる酒場、
創業は私の二年先輩

DSC03152

「生ビール」450円
DSC03150

きめ細やかな泡、美味し
さあお料理を
DSC03151

「ポテトサラダ」370円
DSC03155

あまり潰さずにじゃがいもの食感を残したお手本ポテサラ
DSC03157
お酒に合うんですヨ

「柳カレイ」
DSC03163

ホクホクの白身は旨味が凝縮されています
パリっと焼かれた皮目も美味しい〜
こりゃ日本酒だ川 ̄_ゝ ̄)ノ


酒屋が経営とあって実質本位のグラス売りが嬉しい地酒
DSC03158

新潟「伊乎乃・純米ひやおろし」525円
DSC03167

飲み口すっきり、お米の香り

「ねぎま」840円
笹新さんの名物の一つ
DSC03161


脂の乗った新鮮な鮪を濃い目のタレでさっと煮付けてあります
DSC03164

鮪の旨味をネギが吸い込んだ江戸東京を代表する逸品、
これは美味しいヾ(´ω`=´ω`)ノ

「イカ一丸干し」525円
DSC03168

柔らかく食感良し、

やはり人気が高いのには理由あり
DSC03169

また行きたいな
DSC03171

人形町の笹新さん、御馳走様でした

ずっと残って欲しい酒場です






上野にて仕事が早目に終わった日、
敬愛する春菊蕎麦師匠と共に一杯飲ろうと街をふらふら
DSC05025

賑やかな飲み屋通り、大統領・肉の大山のすぐ近くにある階段を降りて辿り着いたのが
ほていちゃん
DSC05024

地下のお店なのに大盛況
DSC05003

生ビール420円でお疲れ様〜
DSC05007

さあ何を頼みましょうか
DSC05011

一品目は
カンパチなめろう350円
DSC05005

カンパチ・ネギ・白味噌を合わせ叩いたお料理は
とても風味良き一品です
やるなほていちゃん・・・


ポテトフライ220円
カリっと揚がったポテトにケチャップをタップリつけてと

DSC05017

むふふ、これは間違いないですな


お、魅かれるメニューを発見
DSC05002

アンガス牛の
鉄板中落ちカルビ380円
DSC04999

タップリねぎと大根おろしがめちゃめちゃ旨い!
これはお代わりしたい位ですしかもお値段以上ヾ(´ω`=´ω`)ノ

国産若鶏チューリップ300円
DSC05001
ああ、骨付き肉の美味しさよ

春菊師匠が悪い御顔で発注したのは
DSC05004

コレ
DSC05022
めちゃめちゃ怪しいけど・・・

意外な程にウマイんだなこれが

名前何だっけか??DSC05012

その名も青いレモンサワー350円でしたv( ̄∇ ̄)v

焼き餃子280円
DSC05016

三種のタレが嬉しい一品

紅生姜串揚げ180円
DSC05013

関西では定番のツマミです。
生姜の辛さにお酒が進むの何のって

大満足です「ほていちゃん」
御馳走様でした〜
・・・こりゃ絶対また来るなあ

ぬくもり酒場 ほていちゃん 上野2号店居酒屋 / 京成上野駅上野御徒町駅御徒町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7


敬愛するおだ春菊師匠と吉祥寺へ
DSC05075


戦後闇市の様子が残るハモニカ横丁
DSC05073

春菊蕎麦をこよなく愛する師匠行きつけのお店
エプロンさんは
DSC05066

店名からはあまり想像出来ない
板前さんが作るおでんを中心にした和食店。
DSC05053

飲み物は・・・
DSC05049

「まんさくの花」焼酎730円
DSC05048

日本酒「まんさくの花」は飲んだ事ありますが焼酎は初めて
甘い香りが素晴らしく食前酒にもピッタリ(^ ^)

先ず一品目は
カキを出汁でサッと煮て
DSC05062

春菊と炊き合わせ
DSC05063
(訪問は3月初旬です)

カキの甘味と春菊のほろ苦さを楽しめる逸品、
旨味の詰まった出汁は最後の一滴まで飲み干しました


「白子炙り」
DSC05058

「緑茶割り」
DSC05069

「鮭ハラス焼き」
DSC05070

板前さんがいろんな料理を目の前で作って下さる、何という贅沢✨

見事な銅製のおでん鍋に仕込まれた数々のおでんも堪能、
外からこの鍋を見て西洋の観光客も入ってこられます
FullSizeRender
この出汁こそが一番美味しい

女性には「丸ごとトマトのおでん」が人気
一昔前の「赤ちょうちん」のイメージとは大分違いますね

日本料理を気軽に楽しめるお店
DSC05067

「エプロン」さん、御馳走さまでした〜


年明けに奈良の母が上京した時の事、
一緒にお雑煮を食べてから
DSC04121


午前中に
東京国立博物館
DSC04126


歴史好きな母はこちらの絵が特に気に入ったようで前から動きませぬ(^ ^)
DSC04124

思わず謝ってしまいそうな迫力があるこの絵は
円山応挙 「龍唫起雲図」
江戸時代・寛政6年(1794)の作

昼からお仕事ですがこの調子ならば安心して母を置いて行けますな( ̄▽ ̄)

夜は三男坊のささやかな手作り夕餉
DSC04122

出し巻玉子に・銀ダラ煮付け・王将の餃子を焼いて
DSC04123

三切れ500円の冷凍魚ですが愛を込めて煮付けました(・∀・)つ

不肖息子は年末からあまりお休みが無かったので翌日、
母は
埼玉にいる兄と川越の街を散策へ。
芋御膳が美味しかったそう☆

仕事が終わり母が前から行ってみたいと言っていた
葛飾区堀切菖蒲園駅近くの
みっちゃんで待ち合わせ
DSC02680

今日のオススメは何かな?
DSC04143


兄はこの「お茶ハイ」300円を気に入った模様、濃厚な緑茶が美味しいんです✨
DSC05098

最近の一押し
手作り厚揚げ280円
DSC02665

お店にて豆腐から揚げるので、
熱々のカリカリ・中身はフワフワという贅沢を味わえます、しかも280円✨

生鯖刺身
580円
DSC04133

新鮮な鯖は脂が乗ってとろける旨さ


そしてたぬきの壱石
鯵串揚げ150円
DSC04145

お刺身用の生鯵を揚げるのですから
美味いのなんの、フワッとした白身が絶品です

白菜の塩昆布和え
280円
DSC04134

甘い白菜は最も好きな冬の味覚
お酒が進みます

チキン南蛮
1個200円
DSC04135

宮崎出身の板長が作るお店の名物。
 酸味控えめモモ肉の旨味重視の一品は食べないと損ですよ(^ν^)

母の好物
お寿司を握って頂きました
DSC04139

ブリ・ホタテ・鯵とどれも美味し♪

厨房忙しいのに有難うございます

トロたく巻
200円
DSC04142

みっちゃんで人気の〆なんです。
鰹節のいい香り☆ 
甘みがあるので実はデザート代わり🍨

どれも美味しく嬉しいけど、
母が喜んでくれるのが一番嬉しい。

大好きなmy酒場・葛飾堀切の居酒屋「みっちゃん」

いつもご美味しくてお得なお料理を有難うございます(^∇^)
 DSC04137

このページのトップヘ