たぬきパラダイス

  カツ丼マニアの役者、竹嶋宗也の出演情報&グルメ・旅レポートです。                     カツ丼と大衆グルメをこよなく愛するたぬきパラダイスへようこそ!                        

カテゴリ: 大衆酒場道


仕事が15時に終わり京浜東北線で北区王子へ
大好きな酒場「山田屋」さんは嬉しい16時からの営業
DSC06271

足早に到着すると既に数名の先客が楽しんでおられます
DSC06291

先ずはお酒
DSC06292

「小生ビール」380円を注文
不愛想そうな親父さんが泡を切りながら丁寧にいれてくれるんです、美味し♪

140円〜揃う料理の数々
DSC06290

「ねぎぬた」250円
DSC06277
マグロ入りの酢味噌掛けは気に入りの一品で暑い日に最高なオツマミ

酎ハイをお願いするとこんなセットが登場します
「酎いいちこ」90ml240円 「炭酸」140円
DSC06281
カットレモンは50円だったかな

好みの濃さに
DSC06293

お酒を調節出来るのが嬉しいんです
DSC06294

「アジフライ」250円
DSC06279

荒めのパン粉でサックリ仕上げ
DSC06284

フンワリ肉厚の鯵、1枚目は醬油・2枚目はソースで楽しむのがたぬき流☆

親父さんは注文取りにお酒の準備にと大忙し
DSC06303
一見愛想が無い様に見えますが誰にも平等に接してくれる親父さん
たまに見せる優しいお顔が好き

炭酸お代わり140円は冷蔵庫から自分で取り出して
ボーリング場によく置いてあった栓抜きを使用
DSC06285
今の子供達、
栓抜けるかなあv( ̄∇ ̄)v?

「クリームチーズやっこ」250円
DSC06286
クリームチーズにお醤油を少し垂らすと最強のツマミになっちゃうから不思議〜

あっという間に店内大盛況
DSC06305
皆さん楽しそう

日替わりメニューから
「まぐろ漬け竜田揚げ」250円位
DSC06289
生姜醬油の風味が最高〜
内緒だけどクジラより美味しいかも( ^ω^)

私、飲んべに見えますが
DSC06295
焼酎二杯で炭酸四本なんです〜と神様に言い訳・・・

美味しくてお得な酒場では
自然と相席の常連さんとも楽しく会話が弾むものですね
DSC06298

たぬきの東京三大酒場の一つ「山田屋」さん
DSC06306

もう文化遺産として登録して頂きたい程好きなお店です

この日も大満足、山田屋さん・常連の皆様、有り難うございました〜







少し間が空きましたが帰省日記です☆
  
 「てんぐの串カツ」を堪能した後は、ジャンジャン横丁を歩き通天閣とは反対側の出口から出ます。
そして信号を渡ると、
DSC02905
雰囲気が一変します。
ここからがいわゆる西成あいりん地区と呼ばれる地域。

この先に行ってみたいお店があり母に「俺行くけどお母ちゃんどうする?」と聞くと
一緒に行くわ」との事。 

商店街を抜けた辺りは
DSC02951

おっちゃん達が生活する町が現在も形成されています
DSC02906

かつてはトラックで日雇いのおっちゃん達を集めた場所、
活気があった公園も今は静かに時を過ごしているよう
DSC02949

飲食店は数多く、
かつ丼を出す店も有ります
DSC02950

開店の14時少し前に到着したのは
DSC02948

前から行きたかった
なべやさん
DSC02916

平日の開店時からサラリーマンが飲んでいる
DSC02907

牛すき焼き鍋730円が人気の
DSC02910

堂々と一人鍋を楽しめるお店
DSC02913

選んだのは鶏みんち鍋930円
DSC02925

大瓶ビールで
DSC02915

また乾杯
DSC02914

お母ちゃん、俺と西成で酒を飲む時が来るとはは40年前に想像出来へんかったやろ( ̄▽ ̄)

味付けされたミンチと
DSC02923

野菜を放り込んだら
DSC02927

ミョウガの酢味噌」を摘んで待ちます
DSC02931

出来ました
DSC02929

生姜の効いたふんわり柔らかい鶏団子は
DSC02934

挽き加減も絶妙にてちゃんこ鍋専門店も顔負けの旨さ

たまりまへんなあ
DSC02921
(既に酔ってるなあ

この唐辛子胡椒が抜群に合います
DSC02938

どんどん頂きましょう
DSC02937

子供の頃からの春菊好き

まだスープが旨さを保っているので野菜を追加オーダーします

白菜200円
DSC02941

青ねぎ200円
DSC02940

うどん120円
DSC02939

もう、
DSC02944
間違いないっす

どんどん客が増え、
16時頃には予約客以外は入れないから凄い
DSC02947

美味しくて安いのが基本、
大阪の中の大阪と云えましょうヾ(´ω`=´ω`)ノ

なべやさん、御馳走様でした。



すき焼・鍋物 なべやすき焼き / 今船駅今池駅萩ノ茶屋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9


奈良帰省二日目

母と二人で奈良駅から関西本線大和路快速に乗り、
法隆寺がある斑鳩の田園風景を楽しみながら、
大阪市新今宮駅に到着。
DSC02844 - コピー


久々にやってきたのはジャンジャン横丁

DSC02845 - コピー

賑やかな通天閣側とは反対の入口から入ります

DSC02846 - コピー

将棋を嗜むおっちゃん達の姿に
DSC02848 - コピー

20年以上前にドラマデビューさせて頂いた
「ふたりっ子」の世界を思い出します。

モーニングセットも半端ないで〜
DSC02901 - コピー

ガチャガチャもえげつないv( ̄∇ ̄)v
DSC02884 - コピー

串カツの
てんぐさんへ
DSC02882 - コピー

少し待って入れました
DSC02872 - コピー

ビール大瓶を頼み
DSC02854 - コピー

おっと悪いねぇお姉さん♪ 
DSC02850 - コピー

いや、母ちゃんやったわ( ̄▽ ̄)

カンパーイ、いつも有難う
DSC02851 - コピー

母の好きな大阪名物
どて焼き
DSC02853 - コピー

牛スジをトロトロに煮込んだ串カツを凌ぐ人気者
DSC02859 - コピー

白味噌のコクがたまらない
DSC02862 - コピー
しかも一本100円
モツ系が苦手なたぬきはキャベツの方が合ってるのは内緒ヾ(´ω`=´ω`)ノ
DSC02861 - コピー

さあ熱々の串揚げいってみよー
DSC02863 - コピー

串カツと云うメニューがあるのん知ってはりますか?
DSC02864 - コピー

串カツとは牛串の事
DSC02865 - コピー

100円のコレが一番旨い
DSC02868 - コピー

キャベツでソースをすくい皿に溜めておきます☆
DSC02871 - コピー

レンコンや玉ねぎ青と等100円〜
DSC02863 - コピー

エビはグルリと巻き込んで分厚く
DSC02876 - コピー

これはあまりおススメしまへんな

ほろ酔いで御馳走様
DSC02903 - コピー
いやぁ、ええ気分やわ

更に散策
DSC02883 - コピー

賑やかになってきました
DSC02897 - コピー

この辺の自販機
DSC02893 - コピー

売れ筋はダントツで
ワンカップ大関

母ちゃんいつも有難う
DSC02899 - コピー

次回は更にディープな世界へ、
その3へ続きます☆




てんぐ串揚げ / 新今宮駅前駅動物園前駅新今宮駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9


練馬に住んでる頃から好きな酒場、
葛飾区四つ木「ゑびす」さん
DSC00500

葛飾区に越した今は近くなり
DSC00493

名物の
焼酎ハイボール」300円を気軽に楽しめちゃいます(o^^o)♪
DSC00481

一品目は茨城産の里芋を使用した
きぬかつぎ」310円
 DSC00484

栗のようなほっこりした食感、
甘味もあり大地の香りがする逸品。
DSC00485

二品目は
山かけ」310円
DSC00489

栄養たっぷり美味しいツマミ、青海苔が珍しい☆

つまみを軽目の二品にしたのは訳がありまして
DSC00492

ご飯物メニューの中で光る三文字、
何とこちらにはカツ丼があるのです。
ついに食べる時が来た〜 

カツ丼お願いします!
と注文すると女将さんが意外そうな顔をして「カツ丼(・∀・)?」と軽く聞き返す。

飲兵衛が集うこの人気店でカツ丼頼む人見た事ないもんなぁ。

時間をかけ登場した
カツ丼」810円
DSC00495

色彩素晴らしく
DSC00496

理想の肉厚にて衣がカリッとしたカツ丼さま(o^^o)
DSC00497
ツユがキリリと引き締まり、
お酒にピッタリな淡麗旨カツ丼でした✨
これはまた食べたいお味。

女将さんに「美味しかったです」と伝えると
ウチは専門店じゃないからね〜(^^)」だって。

いつか「酒場飯探索」
なんて番組出来ないかなあ

ゑびすさん、今宵も御馳走様でした

ゑびす 四つ木店居酒屋 / 四ツ木駅八広駅
夜総合点★★★★ 4.2


大塚駅北口から徒歩1分。
少し怪しい一角にある
「ゆる酒場」さん
DSC04664

何故だか落ち着くこちらには
もう何度目の訪問でしょうか。
DSC04658

店内に充満する「ゆるい空気」に仕事で疲れた心が癒されます
DSC04655

先ずはいつもの
「酎ハイ」200円+「カットレモン」50円
IMG_7117

紙おしぼりもあります
DSC04657
温かみのあるゆるさが身上の店主は
「ゆるエモン」と呼ばれる事もあり😆

モツ煮の豆腐だけバージョンである
「煮込み豆腐」100円
DSC04654
美味いんだなコレが(^O^)

「生ハム」だなんてこちらに似合わないツマミまで。
これも100円
IMG_7122

二杯目の酎ハイを頼む頃には心が軽くなりはじめ、隣客とたわいも無い話で笑います。

「坦々豆腐」200円
IMG_7124
ゆるさの中にも気遣いの篭った一品。
酎ハイを三杯頂いてこの夜はセンベロ+50円

隣客との距離間の良さも立飲みならでは。
やはり好きな酒場の1つです。
近所になくて良かった( ̄▽ ̄)

1時間で気持ちは晴れ、この後1時間後にパパに戻ります。 

何だか東京で1人飲んでるのが不思議に感じた夜でした。
FullSizeRender
 
ゆる酒場さん、
今宵もご馳走さまでした☆


 

ゆる酒場立ち飲み居酒屋・バー / 大塚駅大塚駅前駅巣鴨新田駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9

このページのトップヘ