たぬきパラダイス

  カツ丼マニアの役者、竹嶋宗也の出演情報&グルメ・旅レポートです。                     カツ丼と大衆グルメをこよなく愛するたぬきパラダイスへようこそ!                        

カテゴリ: 南相馬市ボランティア日記


あの震災からもう8年が経ちました 
日常生活の中の幸せをしっかりと感じつつ日々を過ごしたいと思います。 
なんだかんだと言いながら、
日本はとても平和だと思います。 
震災で亡くなられた方々が心安らかにおられる事と、
被害に遭われた方々の心と環境の回復を願います。 

震災翌月に行った南相馬市ボランティアセンター、
遺留品洗浄班での活動
「南相馬ボランティアに日記」を今年も載せさせて頂きます。 
 aebc561e-s
位牌や思い出の品々、どれだけ皆さんの手元に帰ったかなあ・・・
 
グルメ関連でこのブログに遊びに来てい頂いている皆様。
従事した遺留品洗浄隊での様子を色んな方に見て頂きたくて書いた
日記です。
af1451a5-s

第一次南相馬日記 クリック
1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」←

ブログにある「カテゴリー別アーカイブ」にて 南相馬日記を見て頂くと5月に再訪した二次南相馬日記始め23項迄すべての日記を読む事が出来ます
a22b64f0-s



つい忘れがちになる日常の有難さに感謝をしつつ過ごしたいです。

全国からそれぞれの思いで集まった仲間達
元気にしていますか?

竹嶋は元気です☆

cea290ac-s


あの震災から二年が経ちました。
東京にいると復興が進んだような感覚になってしましますが、

現地はまだまだ苦しいですよね


日本は一つ


自分に出来る事をしていきたいです。

たぬきのブログを最近見に来ていただいてる皆様にも、
私の視点から見た当時の現地の様子を見て頂きたいです。

当時のたぬきのブログ、お時間ある方は参照して頂けると有難いです。



PCの方は画面左側にある「南相馬ボランティア日記」から

2011 4月〜 1回目
2011 5月〜 2回目
2012 3月〜 3回目
 
計二週間程の日記があります


携帯の方はリンクより
たぬきの南相馬日記


今年のこの日は、たぬきは東京より黙祷を捧げます

8月28日に南相馬市で行われた

「死者・行方不明者138名」の方への鎮魂の花火


私は現地には行けませんでしたが、

ブログに書いた趣旨に賛同して下さった方と共同で計「四万五千円」。


花火9発分の「募金」を現地に届ける事が出来ました(*・ω・)ノ


その仔細を震災後現地で活動を続けられている方のブログから
紹介させて頂きます。


 elanさんの写真付きブログ


写真は南相馬災害ボランティアセンターで共に活動した、
写真家の「藤田氏」の物をリンクさせて頂きます。

藤田修弘氏の写真


もう8ヶ月近くになるんですね・・・


現地に居た方全員の涙が止まらなかったそうです。


まだまだ復興はこれから。


次回の現地入りの日程はまだ分かりませんが、
色んなカタチで復興に携わらせて頂きたいと思います。


賛同していただいた皆様、
応援してくださる皆様、
いつもありがとうございます☆


沢山の写真や位牌が皆さんの手元に戻っていることを願いつつ・・・


思い出お返し隊事

「遺留品洗浄隊 竹嶋宗也」



隊長

5/23 

南相馬6日目 最終日です。

捜索隊の仕事が終わり、深い眠りから覚めた朝

さあ、帰らなきゃ(・∀・)つ

先ずはお世話になったテントを掃除


そして、トイレも掃除だ〜



来た時よりも美しく(☆゚∀゚)



「キャンプ指導員&子供会のお兄さん」やってた時に覚えた言葉



そして最後の南相馬で朝食をは・・・




朝ドン

どんべえ


まあイワユル一つの、



朝からドンベエ」ですな

朝どん中

そういえばここまでチャリンコで来た男もいます。

ごろう

「ごろー」、後は頼んだぞ



キャンプ場のアイドル「ほうかちゃん」が植えたヒマワリを見てみると・・・
芽


おおっ、元気に伸びてるっ


今南相馬周辺ではひまわりプロジェクトを推進中です


汚染された可能性のある土壌に「ひまわり」を咲かせる事で、

土の中のヨウ素を吸い取ってくれる可能性があるそうです。


今国でも実験中で、成果があがれば大々的に実践するとか


今も仲間達が市から許可を取って20キロ検問所の近くにプランターを置き、

ひまわりの種」を植えてるそうです


あと初代物資班長の「たかむら」さんも、
「原発の向こう」と・「こっち」を花のアーチでいつか繋げたいって



何て夢のある作業だろう.。゚+.(・∀・)゚+.゚


このプロジェクトは急速に拡大中で、

この地を元気一杯に咲くひまわりで埋め尽くす日は近いかも知れないぞっ


さあ、出発用意完了ですっ(*・ω・)ノ
テント村たぬき

南相馬災害ボランティアセンターにも顔を出し、

しばしの旧友&地元のみんなにしばしの別れを告げ・・・


お守り」変わりに南相馬グッズをバイクの後部座席に付けて出発す

バイクにロゴ

途中で和菓子の「松屋」さんへ寄り道☆
松や

これが大震災でも休まず営業された奇跡のお店だっ

まつやケース

美味しそうな和菓子がお手頃価格


展示会場とボランティアセンターへ、
ささやかな「お団子」の差し入れをしました

そしてたぬき用のおやつはこちらに決定。

味道楽



県道12号を走り峠を越え、

飯館へ標識

飯館村を走りぬけ川俣町まで走りぬけ、小休止。

味処みらい

前回に続きシャモ料理のお昼御飯を(o^∇^o)ノ
店内2

オススメの「しゃもラーメン」をオーダー☆
シャモ1

おおっ、美しい「しゃもラーメン」750円の登場ですっ☆

前回の「しゃも親子丼」に続いて器がいいですねー

スープ

透き通ったスープを一口頂いてみると・・・


「これは美味しいっ」

「ちょっとビックリな美味しさ」ですよ〜

滋味溢れる鶏の旨さと喜多方ラーメンに通ずる「水の美味しさ」かなっ!

ほのかな甘味が光る、「極上のコンソメスープのような美味さです

麺

硬めに茹でられた麺との相性もバッチリ

シャモ肉

ジューシーな「しゃもチャーシュー」も豊かな旨味が残っています☆
肉2
しかも「モモ肉」と「胸肉」と思われる二種類が入っています。

正直「町興し」とは思えない美味しさに・・・

完食

5分もかからず完食です〜(* ̄∇ ̄*)

「しゃもラーメン」を出すお店は町内に沢山あるようですが、

ここのは本当に絶品でしたー。ヾ(´ω`=´ω`)ノ


そして二本松ICから東北道に乗り、安全に休息しながら南下。

途中のS・Aでおやつも頂きました☆
味道楽食べ

南相馬・松屋さんの味道楽85円(☆゚∀゚)

クランチのような食感が好みです☆

そして優しいミルク風味の漉し餡が美味しいの何のって



何事にも負けない根性をお求めの方は・・・

松屋さんの和菓子」を食べなさーいっ



雨が降って来ましたが無事18:30に練馬に帰宅




第二回「南相馬遠征」、終了です。

Tシャツ

また東京で働きながら、自分に出来る事をやっていきたいと思います☆

支えて頂いたみんな、ありがとうございました




質問やコメント、お気軽にどうぞ 。゚+.(・∀・)゚+.゚


森のたぬき」こと


 竹嶋 宗也  
pentanu_house@yahoo.co.jp





5/22 5日目の続きです。


「有志捜索隊」
から宿所に戻り、荷物を纏めてキャンプ場に戻ろうとすると・・・


竹ちゃん、飯食っていきなよ」とべあ男さん。 


 悪いっすね〜、では遠慮なく

べあお唐揚げ中

鳥の唐揚げを作ってくれました。

生姜が無かったので、ニンニクタップリの美味しい唐揚げ


竹ちゃんも何か作って」って鳥の胸肉を渡されて考えた結果・・・


チキンピカタ」を作成


それぞれ女性陣に食べて頂きました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


べあ唐は本当に美味しかった
唐揚げ


疲れきって帰っても美味しい物があると明日への活力倍増ですっ

さらにトロロ汁も頂きました。

べあ男さんありがとう。
べあを車
(べあ男さんの車です。)


ボランティの皆さん、あまりストイックにならず楽しみも持ちながらやると
次の日の効率もきっとあがりますよ


バイクでキャンプ場に戻ります


最後の夜は原町の和菓子屋さん、

松屋」さんのご主人が差し入れを持って遊びに来て下さり、

まったく商店が開かない状態でも皆さんに和菓子を提供し続けたお話を伺いました。


地震から一度もお店を休んでいないという脅威の和菓子屋さんです。


配給に3時間並んでも「カップめん」と「玉ねぎ」だけだったツライ時期に、
地元の「おまんじゅう」はさぞかし皆さんの心を癒した事でしょう


今や南相馬市は人口・七万人」内の「半数近く」が戻ってこられているとか。


ボランティアの協力も勿論ですが、

早く皆さんの手で復興に向かうといいな・・・



この後、早目にテントに戻り、五日目の夜は一人静かに就寝です



このページのトップヘ